年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

薬剤師の転職最新事情!CRA(臨床開発モニター)への転職メリット・デメリット

投稿日:

CRA(臨床開発モニター)は今、薬剤師注目の転職先として注目を集めています。給与が高いというイメージを持っている人が多くいるのではないでしょうか?仕事に関するメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

CRA(臨床開発モニター)の具体的な仕事について

CRAは病院などではなく製薬メーカーに所属します。製薬会社が新薬開発のときに行う治験業務をサポートする仕事です。国内にも多くの製薬会社がありますが、国内だけではなく海外の製薬会社に就職をしてCRAの仕事をする薬剤師もいます。

主な仕事は治験が法律を守って問題なく行われているか、安全に進められているか、データは正確かどうかを観察したり監視することが仕事です。治験の結果を報告書にまとめる仕事もあります。さらに、治験に関わる人である医師、医療スタッフ、治験コーディネーターなどとコミュニケーションを図ることも重要な仕事となっています。治験の協力を依頼することも仕事に服慣れますので、治験に関する一連の流れに携わる仕事です。

これから世の中に出ていく薬に携わることが出来、その薬を使った時にはどのようなことが起こるのかを研究段階から見て携わることが出来るので大変貴重な経験が出来る仕事と言えるでしょう。

CRA(臨床開発モニター)で働くことで感じるプラス点

CRAとして働くことのメリットは、まず、給与が高いことが一番はじめに挙げられます。製薬会社勤務なので雇用が安定していて、なおかつ高水準の給料を得ることが出来ます。さらに福利厚生も充実しています。通常病院勤務の薬剤師であれば土日も仕事に出なければならないことが多く、世間一般の人と休みがずれてしまいますが、CRAは土日祝日が休みとなっています。

新薬を世の中に出していくという仕事は非常に社会貢献度が高い内容ですから、ほこりを持って仕事に取り組めるメリットもあるでしょう。自分の関わった薬が世の中に出て患者さんに治療に使われることとなると、大きなやりがいも感じられます。

CRAは治験を進めるにあたり監視や観察だけではなく、治験に関わる決定権などを持っています。いろいろな分野の医師とのかかわりを持つこともできるので、医療従事者として多くの経験を積むことが出来ます。

CRA(臨床開発モニター)となることで感じるマイナス点

CRAには給与が高い、福利厚生がしっかりとしている、やりがいがあるなどのメリットが目立ちますが、それだけではありません。もちろんデメリットもあるのです。

給与が高いだけあって忙しい時期には残業時間が多くなります。病院や調剤薬局勤務の薬剤師以上に勤務時間は長くなります。ただし忙しくない時期であれば早く帰宅できる時期もあるのです。1年十気を抜けないほど忙しく働きまわっているわけではありません。

しかし、CRAの勤務する場所は一定ではありません。近隣の病院での仕事もあれば、遠く離れたときの病院での仕事もあります。時には海外での仕事が入ることがあるのです。そのため月の半分は出張というCRAもいるのです。

CRAの仕事は医師やほかの医療従事者とかかわっていくのでコミュニケーションの宇慮気が問われます。医師や医療機関の協力があって治験は成り立っていくので、人間関係を大切にしておかなければ業務に支障をきたしてしまいます。

治験では難病の患者さんに関わる場面が出てくることもあります。大学時代に特定難病や疾病の知識があまりなく難病の患者さんに関わっていくことと、患者さんの症状を間近で感じることで大きな精神的なダメージとなってしまう人もいます。

CRAの求人は少ない

CRAには働く上でのデメリットもありますが、メリットの方が大きいので薬剤師の注目を集めています。しかし圧倒的に求人数は少ない現状があります。

いずれにせよ、CRAになろうと思えば多くの薬剤師の中から勝ち残っていく必要があるのです。そのためにもCRAに転職をしたいのであればプラスアルファの資格や知識を持ち得ているとライバルに差をつけられます。

治験という現場では医師とかかわっていきますが、最近は多くの外国人医師が存在しています。このような外国人医師と意思疎通を図るためには英語力が必要になってきます。以前はそれほど英語力を問われなかったようですが、最近は特に海外への治験に関わっていきたいと思えるのであれば英語力が必須です。

安定した環境で高収入と充実した福利厚生を得ながら働けることから多くの薬剤師がCRAになりたいと願っています。そのため競争率がかなり高くなっています。また広く一般に公開している求人もありますが、求人公開すると多くの応募者が殺到するので、非公開の求人にしているというところもあります。

このような求人情報を得るためには薬剤師転職サイトへの登録がカギとなります。薬剤師転職サイトへ登録をすれば、非公開の求人情報も手に入れることが出来るでしょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2018 AllRights Reserved.