年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

薬剤師の転職!薬剤師メディカルライターになるメリット・デメリットは?

投稿日:

薬剤師の転職先は病院やドラッグストア、薬局だけではありません。薬剤師の転職先は近年広がりを見せています。その選択肢の一つとして薬剤師メディカルライターとしての働き方もあるのです。

メディカルライターとは

メディカルライターとは、新しい医薬品の承認に必要な書類を作成するのが主な仕事です。医療や健康、薬に関する情報を広く世の中に提供する専門家です。勤務先は製薬会社や、医薬品製造受託会社などになります。似ているものには、メディカルコピーライターというものもあり、こちらと混同している方も多いですが、実際の仕事はかなり違います。コピーライターの場合は、販売促進のための販促文を作りますが、こちらは、書類作成となります。

メディカルライティングの対象読者は、医療機関や製薬業界になります。そのため、正確な情報を求められています。医薬品や医療機器の計画・開発・承認をしてもらうための各種書類を作成します。また、その業務には、正確さのほかにも、臨床開発においてはスピードも求められるので、迅速な文書作成能力も求められているのです。

ミスなく正確に文章を作成し、しかも迅速なスピードが求められる厳しさがありますが、自分が本当に患者さまや医療従事者に役に立つと考える情報を発信していくことが出来るので、社会のためになる重要な仕事と言えます。病院や薬局など限られた環境だけではなく、広く人の役に立つ仕事と言えるでしょう。

薬剤師メディカルライターの良い点

メディカルライターは主に自宅で仕事をすることになります。子育て中で外に出ることが出来ない場合でも、在宅で資格を活かした仕事をすることができます。薬剤師として培った高度な専門スキルをもとに言葉を扱い、医療に貢献する仕事ですからやりがいも感じられるでしょう。

また、まだまだ知名度が低い業種ということもあり、売り手市場もなっているのも魅力です。薬学の専門家である薬剤師は不足している状況ということもあり、どの製薬会社でも欲しています。そのため給与も高い傾向にあるのです。年収相場は400万円程度からスタートします。これは未経験の方の金額であり、経験者の場合には5~600万円も珍しくありません。もちろん、それに加えて、スキルや実績を積み重ねることで昇給やキャリアアップをしていくことが出来るのです。キャリアを積んで3年程度業務を行えば年収は800万円程度になる人も多くいます。実力次第では独立も可能です。ライターとして一定のキャリアを積んだ後にフリーランスへと転職すると、仕事の幅が広がりますし、成果があがればより高い報酬の仕事にチャレンジできるので年収も上がります。

薬剤師メディカルライターの悪い点

薬剤師に関する仕事ではあるものの、仕事内容がいわゆる薬剤師のお仕事とは異なっているため、それらのキャリアが給料という形では活かせないのがデメリットです。それというのも、薬学の知識も必要ですが、語学力、文章力、文書作成能力が求められるので、そのような脂質がない人には厳しい業務となるでしょう。

こんな人は、薬剤師メディカルライターの素質がある

薬剤師メディカルライターは、各仕事です。文章を制作するために、一人で黙々と仕事をしていく必要があります。幅広い仕事を一人で担当するのが基本となっています。さらに正確な文章を書くためには文書や資料、本などから情報を調べることも必要です。地道な作業が必要になってきます。

また、正確で迅速な文書作成が必要ですから、自分のミスを校閲することもしなければなりません。調査力・情報収集能力、集中力などがある人には向いている仕事と言えるでしょう。文章の力を通して医療の発展と普及に貢献したいと思うならメディカルライターが向いているでしょう。

薬剤師メディカルライターになりたいのなら

メディカルライターになるために必ず持たないければならない資格はありません。しかし、メディカルライターには薬学の知識が必要不可欠なので転職の際には大いに役に立ちますし、大変強い武器となります。

メディカルライターになるためには求人を見つけて応募し採用されればいいのですがその求人を探すことが大変な作業になります。自分ひとりの力ではなかなか見つけることは出来ないのです。その理由は、メディカルライターの求人は専門性が高いことから、一般の求人として出回ることがないからです。

まずは薬剤師転職サイトへの登録を行いましょう。専門性が高いメディカルライターの求人を探したいのであれば、転職サイトでチェックするのが一番です。メディカルライターの求人は、実際に多いというわけではありませんし、非公開求人となっているケースがほとんどなので、薬剤師転職サイトに登録することで求人を探していけるでしょう。

転職サイトへの登録にはお金はかかりません。無料で登録することが出来るので安心して登録をしてください。さらに登録後には無料で出来るサービスがありますし、アドバイスを受けることも可能です。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2018 AllRights Reserved.