年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

薬剤師の転職メリットデメリットについて!製薬会社へ転職!

投稿日:

薬剤師の職場というと調剤薬局やドラッグストアが主ですが企業で働くことを選択する人も増えてきています。薬剤師が活躍できる企業と言えば製薬会社でしょう。転職を希望される薬剤師の人も増加傾向にあります。転職をする前に企業で働くイメージを膨らませておきましょう。

製薬会社での仕事について

製薬会社は、薬剤師さんが活躍できるような部署が多くあり、活かせるスキルもあると言えます。ただし、配置される部署によって、業務内容は大きく異なります。そこで、こちらでは、どのような仕事があるのかを解説していきましょう。

研究職は製薬会社での花形的な職業と言えます。この職業になりたい薬剤師は多くいます。こちらでは、新薬開発のために、研究を行ったり、臨床実験によるデータを収集したり、技術研究といった業務を行います。

また、開発職もあります。開発職は臨床試験を統括するのが主な仕事となります。開発担当者になると薬剤師としての高い能力と専門性が必要になってきます。治験データは収集しただけでは意味がなく、その分析を行う必要があります。分析は開発職の仕事なのです。また、新薬の申請や、研究スタッフや病院担当者をつなぐ橋渡し的な存在にもなります。

学術職は医薬品情報を収集し、分析し、医療従事者や関係者にその情報を提供することが主な仕事です。

DI職は学術職と似たような仕事ですが、医薬品に関する情報の収集やそれを分類・管理しています。その情報を、医師や薬剤師だけでなく、一般の人に向けた情報として提供しています。

MR職は医薬品卸売事業など製薬会社の営業をすることです。専門的な薬学の知識のほかにコミュニケーション能力も必要になってきます。

製薬会社で働くことで感じるメリットとは

製薬会社は景気に左右されることが少なく安定していますから給与が急激に下がったりすることがありません。他職業と比較すると給与水準が高いですし待遇も良いメリットがあります。特にDI職やMR職は高収入が期待できるので高い人気があります。

それに加えて、福利厚生についても期待ができ、産休・育休も取得できるところもあります。女性や家族をお持ちの方も働きやすい環境が整っています。

また製薬会社は土日が基本休みなので、プライべートを充実させることもできます。ゴールデンウィークやお盆休みも暦通り休みをとることも出来ますし、長期休暇を取ることが可能なので、海外旅行など兵器リフレッシュすることもできるのです。土曜日や大型連休でも出勤しなければならない調剤薬局やドラッグストア勤務と大きく異なります。休みがとりやすい点は、製薬会社で働く場合の大きなメリットと言えます。

製薬会社で働くことで感じるデメリットとは

製薬会社の花形職である研究や開発職になる際のデメリットは、求人数の少なさにあります。また、大学院の卒業なうえに、特定大学でなければ応募条件に該当しないという場合もあります。そのため、転職は少々やりにくいと感じるかもしれません。

製薬会社は競争率が高い

製薬会社の求人は少ない現状があるにもかかわらず条件が良いので人気があり、高い競争倍率となっています。福利厚生、年収、仕事内容などすべてにおいて魅力的なので多くの薬剤師が転職を希望しているのです。

製薬会社で働きたいと漠然と考えるのではなく自分がどのような職種で働いていきたいかを具体的に考えておきましょう。製薬会社へ転職する場合は、職種もさまざまになってしまいますので、しっかりとやりたいことにめがけて活動をすべきです。

それができていれば自己分析をするときの指針にもなります。自分の能力はどの分野で役立てることができるのか、自分が得意とする分野は何なのかをしっかりと見極めましょう。

製薬会社の求人を探すには

製薬会社へ転職には、まずは情報収集から始めるところから始まります。しかし、薬剤師として働きながら転職のための求人を探していくことは時間もかかりますし、労力もかかって大変です。しかも競争率が高い製薬会社の求人を得るためには、薬剤師転職サイトに登録をしましょう。

薬剤師転職サイトに登録をすれば、一般には公開していないような非公開の求人情報を得ることもできます。製薬会社の職種の中には専門性の高い職種が多くあり、一般公募していない求人も多くあります。非公開の求人情報を得るには薬剤師転職サイトに登録しておかなければ情報を得ることも出来ません。

製薬会社の求人は調剤薬局やドラッグストアの求人と比較すると数が少ないので一人の力で情報を収集することは至難の業です。効率よく求人を探して転職を成功させるためにもまずは薬剤師転職サイトに登録をしてから求人を探していきましょう。求人サイトへ登録を行えば転職に関するアドバイスを受けることもできます。求人情報の提示だけでなく面接へのアドバイスも行ってくれますので、スムーズな転職に役立てていくことが出来るでしょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2017 AllRights Reserved.