年収アップのための転職成功マニュアル!薬剤師転職サイトの比較研究

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリット

薬剤師から研究・開発職へ転職!転職でのメリット・デメリットについて

投稿日:

製薬会社の研究・開発職に転職をしたいと希望している薬剤師の人もいるでしょう。しかし、研究・開発職はかなりハードルが高い転職先として知られています。

研究・開発職について

製薬企業の研究・開発職は、薬剤師免許を活かせる職場として特に人気があります。ではどのような仕事内容であるのかを詳しく見ていきましょう。

研究開発はよく一緒くたにされるのですが、実際には、違う職種だということを覚えておきましょう。

まず、研究職は新薬の開発に取り組む仕事です。研究職は毎日の研究が仕事です。学生の頃から薬学の研究が好きで続けてきたという方にとってはとても楽しい仕事だと言えます。新薬の開発は、製薬会社にとっては、特許による利益が得られるかどうかという大きな意味合いを持っているため、優秀な研究者は不可欠な存在です。製薬会社にとっては、中心的な役割を担っている花形だと言っても過言ではありません。ただしこの職種の求人は極めて僅かなので転職をすることは非常に難しいのです。

その一方で、開発職は、研究セクションで開発された新薬に対して、臨床実験を行い本当に安全性があるかどうか、治療に役立てていくことが出来るかを確認していく作業を行い部署です。自社だけではなく外部の企業などと連携して治験も行います。研究業務に比べると少しだけハードルは下がりますが、やはり修士卒をメインとして相応の学歴が求められることが多い傾向があります。

研究・開発職について働くことの利点とは

薬剤師の求人先の中でも生涯獲得賃金が大きいことが一番のメリットです。しかも、製薬会社の花形職業と思われているようにブランド力が高いので多くの薬剤師のあこがれの職業となっています。かっこいいし稼げるというイメージがあるので他の薬剤師からあこがれの目で見られるでしょう。

研究・開発職についてのマイナス点

研究・開発職に就くことが出来るのは薬剤師だけではありません。薬学部出身者でなくても問題はありません。研究・開発職で必要になってくる知識は、薬剤師資格よりも、薬学や化学・生物学・物理学などの専門知識が必要だからです。そのため、化学や生物学・農学部の卒業生も希望するので、求人募集をかけると多くの人が殺到します。

求人が少ないというマイナス点もあります。各製薬会社とも、研究職の人員は削減傾向にあります。転職となると非常に狭き門となってしまうので、研究・開発職に就くことはかなり厳しいのです。

製薬会社をはじめとして、大手企業にある研究室では、週休二日制を取り入れており、土日が休みになっているところが多いです。病院や薬局勤務と異なり土日にしっかりと休みをとれると考えがちなのですが、実際は残業もあり、研究内容によっては徹夜もあり得ます。

研究・開発職の年収について

研究・開発職は高い収入が得られることで知られていますが、いったいどのくらいの収入を得ることが出来るのでしょうか?

もちろん企業の規模によって、その金額はまちまちです。
大手の場合は、700~900万円という金額が平均だと言われています。食品企業や、化学企業の研究職の場合になると、幅は大きく、500万円程度のところもあれば、900万円に上る場合もあります。また、ヘッドハンティングも頻繁に行われている業界のため、1000万円を目指すことも容易です。

開発職は研究職と比べると年収は下がりますが、ほかの職種と比べると高い収入を得られます。開発職の年収は平均で約600~800万円以上となっています。開発職も研究職も言えることですが、ボーナス比率が高く、業績に連動します。薬が開発され自社に利益がもたらされることになると営かなりの高年収を得ることができます

薬剤師全体の平均年収が500~650万円なので研究・開発職はかなり年収は高いと言えます。

研究・開発職は、ライバルが薬剤師だけではない

製薬会社の研究・開発職に転職する場合、かなり競争率が高いです。薬剤師の人だけがその職を希望しているのではなく、工学部や農学部、医学部など出身の人も希望していることでかなり競争率が上がってしまうのです。大学による足切りもあり得ますし、博士課程を修了していなければならないという企業も少なく張りません。もちろん、企業によっては、採用の窓口を広げているところもありますが、傾向としては、狭き門だということは忘れないようにしましょう。

あらかじめ採用情報をつかんでおけば無駄足を踏むことはないのです。そのためにも薬剤師転職サイトへの登録を行いましょう。まずは登録をしておけば求人情報をチェックすることが出来るでしょう。また面接での自己アピール方法などもアドバイスを受けることが出来ます。

薬学部出身者だけではなく生物や化学などの知識を得ている人たちも転職を希望している職種ですが、やはり薬剤師免許を持っているということ自体がプラスとなることもあります。薬剤師としての経験は全て活かすつもりで転職活動を行うといいでしょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2017 AllRights Reserved.