年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

薬剤師が転職するなら中小よりも大手チェーン薬局!転職のメリット・デメリットとは

更新日:

薬局は日本各地にあり、日本全国には約57,000店の屋局があると言われています。その大部分が中小薬局です。名前が知られているような大手チェーン薬局はもちろん薬局の中でもトップ企業ですが、全体の2割から3割程度が大手チェーン薬局です。

大手チェーン店で働く前に知っておきたいこと

大手チェーン薬局は全国各地に店舗があります。そのため、地域限定で勤務することは難しく全国転勤となる可能性もあります。中小規模の薬局で地域に密着型のところであれば勤務する地域が限定的になりますが、大手の場合にはそういうわけにはいきません。しかし大手チェーン薬局はさまざまな部署があります。それだけで大きな一企業ですから、薬剤師としての仕事をする部署だけではなく、経営に関わっていくことができる部署に出世していくことも将来的に考えられるのです。人事や経理、営業、マーケティングなどあらゆる部署があるので薬剤師という枠にとらわれることなく、どんどん進んでいきたいという人には向いているでしょう。

大手チェーン薬局で働くことで得られるプラス

中小薬局の場合には「働きながらお仕事を覚えていく」というスタンスをとっているところも多くあります。しかし、働く側としては、薬剤師としてのブランクがあるなど、仕事を把握するためにも研修をしてほしいと思う場合もあるでしょう。その点、大手チェーン薬局は研修制度がきちんと整っています。きちんとした研修を経て最新の医療や薬剤の知識などを頭に入れてから業務を開始することができるので不安なく働いていくことができるでしょう。さらに、大手ではマニュアルが存在しています。マニュアルを読むことで仕事の流れを把握することができますから、ブランクがある人、仕事に慣れていない人も仕事内容を把握することができるようになっているのです。

さらに大手では薬を調剤するための最新の機器が揃っています。中小の薬局では資金力が低いので最新の機器をそろえることはできずに古い機器を使って業務を行っています。しかし、大手となれば十分な資金力があるので顧客のため、天日で働く薬剤師のためにも危機を充実させています。機器類が充実していることで業務を短縮したりミスを最小限にすることにつながるのです。

また、近年薬価引き下げや調剤報酬の下落により、調剤薬局の利益は今後縮小が予想されています。中小薬局の場合には知恵気に減少によって薬局自体が成り立ていかなくなる場合も考えられますが、大手の場合には企業自体がしっかりとしているので、ある特定の店舗の利益が低下したとしてもほかに多くの店舗数があるので赤字をカバーすることができます。また大手には名前バリューにより多くの人も訪れるので、安定した経営を望めます。そのため、安心して働いていくこともできるのです。

大手チェーン薬局で働くことで感じるマイナス面

どんなに優れた企業でもメリットばかりがあるわけではありません。やはり多少なりともデメリットもあるのです。

中小薬局の場合には、企業自体が大きいものではなく、経営者である社長との距離感も近いので自分の意見がすぐに反映されやすい状態です。しかし、大手チェーン薬局ともなれば全国各地に店舗がありますし、企業自体が大きいので、社長と気軽に話をすることはできません。自分の意見もなかなか通りにくい状況があります。

また、日本各地に店舗がある大手チェーン薬局ではどこに勤務先が鳴るのかわかりません。自分の実家がある地域で働きたいと思ってもなかなか希望通りにはいきませんし、転勤があるので一か所に落ち着いて継続的に働くということは難しいでしょう。さらに新しい点おい立ち上げの時などには短期間でサポートに行ってほしいと依頼されることもあります。短期間だけですが、全く知らない地域への出張を余儀なくされることもあるのです。

大手チェーン薬局は給与面が優れている

大手チェーン薬局が大企業になりますから給与面や福利厚生がしっかりとしています。出世をしていくことができるシステムが整っていますから昇給も見込めます。年齢と能力に見合った給与を得ることができるのです。昇給などに関して企業内でのシステムが構築されているので、不平不満に感じることはないでしょう。

大手チェーン薬局で働くことは、能力に応じて大きな出生をしていくことができるので、やる気を持って働いていくことができます。中小の薬局では規模が小さいために大きな出世は見込めません。自分の能力をできる限り発揮していきたい、もっとスキルアップをしていきたいと思っているのであれば大手チェーン薬局への転職がいいでしょう。大手チェーン薬局とはいっても会社ごとに働き方や福利厚生、給与面、待遇など異なりますからしっかりと求人をチェックしましょう。自分に合っているかどうかを確認することが大切です。自分ひとりで待遇面など、一つ一つの企業ごとにチェックしていくことは大変です。薬剤師転職サイトへ登録すれば、自分の希望に合った薬局を見つけ出すことも簡単です。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2017 AllRights Reserved.