年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

薬剤師の転職のメリット・デメリット!化粧品メーカーへの転職について

投稿日:

薬剤師は化粧品メーカーで働くことも可能です。女性の中には大好きな化粧品の開発に携わりたいと考えている人もいるでしょう。化粧品の会社で薬剤師の資格を利用することなく販売などに携わりたいのであれば求人も多くあるのでそれほど競争率が高いということはありませんが、研究に携わっていきたいという場合には、求人数が少ないので狭き門となるでしょう。

化粧品メーカーでの働き方について

薬剤師の資格をお持ちの方が化粧品メーカーで活躍する業務内容には、さまざまなものがあります。まず、化粧品の原材料となる成分を研究すること、またその成分や製品が肌へどのような効果を持つのか、その安全性も含めて研究することが挙げられます。それに加えて、化粧品の品質管理をしたり、景品表示法に関する申請書類の作成などもあげられます。化粧品メーカーが作っているものには、美肌に関する化粧品や、紫外線に対策するもの、また、アンチエイジング効果を持っている化粧品など、さまざまな機能を持った製品があります。化粧品の開発には、当然ながら薬事に関するものが含まれるため、薬剤師の資格が活かせるのです。

化粧品メーカーで働く薬剤師の業務内容は多岐にわたります。化粧品の成分の研究開発から、品櫃管理や薬事申請の対応などがあります。薬剤師であること薬学部出身だからと言って研究開発ばかりをするわけではありません。資格を持つ人がメディカルライターとして化粧品メーカーと契約をして働いているケースもありますし、クライアントとやり取りをする営業や広告、また、マーケティング部門についても、化粧品の販売に携わっている人を担当させることがあります。

化粧品メーカーでの給与について

化粧品メーカーに勤務する場合、どの程度の給与を得られるのでしょうか?化粧品メーカーに勤務する薬剤師の給与は、当然ながら所属する部署やポジションによって大きく異なってきます。

勤務先や携わる業務によって給与の差がありますが、年収は300万円台のものから、700万円ほどになることもあります。化粧品メーカーの給与水準は、薬剤師業界の中でも高めであると言えます。

化粧品メーカーで働くことのプラス面

化粧品メーカーで働く場合は、周囲が薬剤師だけではありません。病院や調剤薬局などに勤務していると医療従事者ばかりとかかわっていくことになりますが、化粧品メーカーではなかなか関わることができない、いろいろな方とのふれあい持つことができます。そのため、刺激にもつながりますし、自分のキャリアプランに関する考え方の見聞なども広がります。

また、薬事に関する専門知識を持っているため、薬剤師は、化粧品メーカーのなかでも非常に重宝される存在になりやすいです。早めのステップアップを目指しているという方にはおすすめできます。

また、化粧品メーカーの特徴として、女性が働きやすい職場であるということが挙げられます。育児休暇であったり、有給消化制度などもしっかりとしているところが多いため、そういった福利厚生を求める方は、探してみると良いでしょう。また、ほかの業種に比べて高い給与を得られるというメリットもあります。

化粧品メーカーで働くことのマイナス面

病院や調剤業務とは異なる仕事を行うので、薬剤師としての経験が生かされることは少ないと考えられます。いくら研究部門に属したからと言っても調剤としての経験を積むことはできません。

化粧品は国内だけではなく外資系メーカーもあります。外資系メーカーなどに菌鵜する場合には、勤務先によっては高い英語力・語学力が必要となる場合がありますから英語力が低い場合には仕事上で困ってしまうことが出てくるでしょう。さらに化粧品メーカーには業務内容によっては薬剤師以外の資格やスキル、実績などが求められるケースがあります。適するスキルが低ければその業務が苦となるでしょう。

化粧品メーカーで働きたいならすべきこととは

資格を持つ人を対象とした化粧品メーカーの求人の多くは、求人を一般公開していません。専門性が高い求人となっているので非公開の求人となっているケースがほとんどを閉めます。そのため、自分ひとりの力で求人を探そうと思ってもなかなか見るけることは出来ません。

専門性が高い求人を一般求人として掲載した場合、高い給与につられてスキルや資格が合わないにもかかわらず応募してくる人がいますし、応募が殺到して正常な選考ができなくなってしまうなど、色々な問題が生じてしまうのです。そのため、非公開として転職支援サービスに登録した人にしか見ることが出来ない求人としているのです。このような求人は転職サイトに登録をしなければ知ることが出来ません。

そのため、化粧品メーカーの求人情報を確実に得たいのであれば、まずは薬剤師転職サイトに登録をしましょう。登録をしたらすぐに非公開の求人も見ることが出来るようになります。また薬剤師転職サイトに登録をすれば自分が希望している転職先の情報を提示してくれるサービスも受けることが出来ます。

自分一人で検索を行うよりも、確実に、そして効率的に求人情報を集めることが出来ますから、まずは薬剤師転職サイトに登録をしましょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2018 AllRights Reserved.