年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

薬剤師からコールセンターへ転職!気になるメリット・デメリットは?

投稿日:

薬剤師からコールセンターへの転職もあります。コールセンターというと通信販売の商品を購入するときに電話口に出て対応してくれる相手だと思うでしょうが、薬剤師が転職する場合のコールセンターはこのようなところとは違います。

薬剤師の転職先であるコールセンターの業務

コールセンターにおける薬剤師の業務は、医薬品を購入した人からの相談が基本になります。副作用を感じる人であったり、その他にも気になっていることがあるという人への対応を求められます。

また、勤務先としては、医薬品のネット販売の電話窓口もあります。この場合は、医薬品を扱う仕事であるMRの方や、医師、その他の薬剤師から質問を受けることになります。私たちがイメージするコールセンターのように不特定多数の人の対応をするわけではありません。

気になるのが給与でしょう。コールセンターの業務は勤務時間は9時から5時で残業はほとんどありません。しかも土日が休みなので子育て中の人も働きやすいということで多くの人が働いています。なかには、結婚や出産によって職場離脱した薬剤師さんもいます。そういった方は、自分のライフスタイル的に、病院や調剤薬局への復帰よりも、こういった時間の自由が利くコールセンターという選択を取っているのです。

病院よりも拘束時間は短く設定できますし、お休みの取り方も自分で選ぶことができます。そのため、女性には非常に働きやすい職場と言えます。また正社員ではなくパート的な働き方を選択することもできます。

気になる給料ですが、正社員の場合、年収で360万から600万の求人が平均的なものになっています。また、正社員ではなく、パート薬剤師の場合には時給になりますが、こちらは2000円以上が相場となっています。調剤薬局に較べて少し低いお給料ですが、ほかの業種に比べるとかなり恵まれていると言えます。それお程ハードな仕事ではなくきちんと給与を得ることが出来るのがコールセンターの魅力です。

コールセンターの良い点

コールセンターの仕事は責任が重くのしかかってくることもなく、負担が軽い仕事です。薬剤師として病院や調剤薬局に勤務するのであれば土日でも出勤しなければならないこともあります。子育て中などはどうしても負担が大きくなってしまいますが、コールセンターの場合には残業もほとんどありませんし、土日もきちんと休めます。長期休暇も取りやすいです。

仕事環境からバリバリ働く雰囲気ではなく子育てなどをしながら働いている女性が多いので、同じような境遇の人と知り合うことが出来、働きやすいでしょう。仕事についても、身体的に負担が大きいとは言い難いもののため、育児や家事を両立させることも十分に可能だと考えられます。ある程度しっかりと給与も得たいと考えている人には、メリットの大きな仕事だと言えます。

コールセンターの悪い点

薬剤師の場合はスキルを磨いていきたいと思っている人もいることでしょう。コールセンターの場合には調剤をするわけではありませんし、薬剤師としてのスキルアップには結びつきません。自分の考えている分野をつき進められるとは限りませんし、調剤によって医療に貢献したいと考えていても、コールセンターではそのような経験を積むことは出来ません。

また正社員ではなく、週2~3日程度だけ働くパート的な仕事を望んでいてもパートの採用は圧倒的に少ないので、コールセンターの正社員となってしまう可能性が高いのです。

コールセンターで働きたい人へ

コールセンターで働きたい場合には、まずは求人を探さなければなりません。通常のコールセンターであればすぐに見つけることが出来ますが、資格があることで出来るコールセンターの仕事はなかなか求人がありませんし、数が少ないです。

コールセンターで働きたいと思っても、一般の求人では募集自体がない可能性もあります。求人が圧倒的に少ないのには理由があるのです。薬局と違って薬剤師のコールセンターが必要な企業の数は限られているため、就業者数自体が少ないので、その結果求人募集も少なくなってしまうのです。さらに、一般のコールセンター業務であれば適していなければすぐに仕事をやめてしまう人も多くいるので常に多くの求人募集をかけています。一方薬剤師が携わるコールセンターの場合には働きやすさから離職率が低いために仕事の空きが出づらく、求人数が少なくなってしまうのです。

求人数が少ない場合、とっておきの求人情報を見逃さないためにも薬剤師転職サイトに登録をしましょう。登録をしておけば、自分の希望する職種の募集があったとき情報を見逃すことなくいち早く情報を得ることが出来るでしょう。もともと、少ない職種なので競争率が激しいものです。少しでもスピーディーに動けるようにしておけるように、こういった登録が必要になります。

コールセンターの仕事情報を得たいのであれば、薬剤師転職サイトに登録をすることから始めてましょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2018 AllRights Reserved.