年収アップのための転職成功マニュアル!薬剤師転職サイトの比較研究

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリット

薬剤師から薬事業務へ転職!転職で感じるメリット・デメリットとは!

投稿日:

医薬品は人が直接体に入れるものですし、治療に役立てていくものですからいろいろと厳しいルールがあります。そのために、薬事申請に関する仕事が必要となります。薬事申請は、開発している新薬に対して許認可をもらうための申請の事です。専門的な仕事ですから薬学に詳しい薬剤師が多く働いている分野です。

薬事業務について

医薬品を製造販売するには、厚生労働大臣から「医薬品製造販売承認」を受ける必要があります。申請が下りなければどんな有名な製薬会社であってもその薬を販売することは出来ないのです。厚労大臣の承認を得たもののみが製造でき、さらに市場に流通させることができるのです。そのためにも承認を得ることは非常に重要なことです。そのためには、承認審査のために必要な書類を用意して作成することとなります。それを行うのが薬事業務なのです。

薬事業務で携わる承認申請を受けるための申請書は、かなり細かいルールが決められています。そのため、書類作成には細心の注意を払って正確に仕上げなければなりません。

医薬品の承認申請の書類に記載されている事項(一部抜粋)

・製品の種類
・開発の意図と目的
・製品の期限または発見の経緯
・諸外国における使用情報
・製造方法と規格
・試験方法
・安全性
・治験実施計画
・臨床試験報告書

上記の他にもまだまだ必要な書類がありますし、もし、申請の途中で不明な点などを指摘されたり、認可が下りないことになったら、再審査になってしまいます。その際には、再度、報告書を仕上げなければなりません。

また、わずかなミスも許されません。書類に不備があれば、それらは受け付けてもらえないため、細心の注意を払って作成するようにしましょう。

薬事業務の気になるメリットとは

薬事申請は製薬会社などの企業にとって重要な仕事のひとつであるために高いスキルが求められます。そのため経験を積めば積むほどスキルアップしていくことが出来るでしょう。

職場に関しては、医療機器メーカーや、健康食品、化粧品メーカー、医療用装具メーカーといったところで働くことができます。そして、企業で薬事申請業務を担当する場合の平均的な給料は、正社員(正職員)の月収で35~45万円、年収500~700万円程度になります。求人先によって給与は大きく異なり高いところになってくると、年収が900万円近く得ることが出来るところも珍しくはありません。

薬剤師年収の平均的な年収は、40代で約530万円ですが、薬事業務の場合には、30代で約700万円となります。高い収入を得ることが出来る点がなによりも大きなメリットだと言えるでしょう。薬事申請を行うには資格や知識、高度なスキルが求められますので、高い収入を得ることが出来るのです。

薬事申請求人のほとんどは企業勤務ですから勤務時間は9~5時というのが一般的ですし、土日が基本休みです。諸手当や福利厚生も期待できます。さらに長期休暇も取れますし、有給休暇もあるのでプライベートも充実させることが出来ます。

薬事業務の気になるデメリット

薬事業務は色々なスキルが必要になってきます。薬学はもちろんのこと、医薬品などの承認申請には薬事法等の法律が付きものですから法律も必要です。
また、薬事の申請には、英語力も必要になります。それも、英会話という程度ではなく、英語で文献を読むことができ、それをまとめた資料を作成することになりますので、かなり専門的なレベルが求められているといっても過言ではありません。

更に書類や文章を作る際にはパソコンを使用します。パソコンの研修を事前に受けることが出来ますが、一から始めるのではかなり時間を要してしまいます。ワードやエクセル、アウトルックといったオフィスの基本的なソフトは、ある程度使いこなせるレベルでなければなりません。

薬事申請業務を行なう過程ではいろいろな人とかかわることになるのでコミュニケーション能力も問われます。コミュニケーション能力が福井場合には仕事がスムーズに進まないでしょう。

薬事業務に就きたい場合

薬事業務に就きたい場合には、まずは求人があるかどうかをチェックすることから始めなければなりません。しかし、薬事業務は専門性が高い業種になるので一般求人を出すことはなく非公開求人となっています。非公開求人の情報を得たいのであれば、薬剤師転職サイトに登録をしましょう。

転職サイトに登録をしておくと、自分の希望する求人先を率先して紹介してくれますし、転職の面接の際にもいろいろなアドバイスをもらうことができます。いろいろな相談にも乗ってくれます。休日であったり、お給料であったり、その他にも各種制度など、自分の希望に合った条件に近い求人先を探すためにも、薬剤師転職サイトを利用しましょう。

薬剤師転職サイトではお金が必要ありません。登録は無料ですからまずは気軽に登録をして気になる求人を探していきましょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2017 AllRights Reserved.