年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

薬剤師から公務員薬剤師へ!転職するメリット・デメリット

投稿日:

公務員薬剤師となれば安定していると思っている人も多いことでしょう。公務員と言っても地方公務員もあれば国家公務員もありますし、業種も多岐にわたります。転職を希望しているのであれば、安定だけに目を向けずに公務員薬剤師の詳細を把握しておきましょう。

公務員薬剤師について

公務員薬剤師になると地方公務員の場合には市立・県立病院で薬剤師として勤務することもありますがそのほかにも職場はあり、保健所や環境関連の部署や衛生研究所などに勤務することとなります。国家公務員の場合には、厚生労働省といった中央省庁もしくは、国立の病院での従事となります。

それでは詳しく仕事内容を見ていきましょう。まずは国家公務員となり厚生労働省に勤務する場合、調剤業務など実際に薬を触る仕事はしません。その薬に関する知識を活かして、薬や食料品などの指導をすることや、麻薬取締など、さまざまな薬系技術職員として働くことになります。国全体に影響があるような業務を行うので大きなやりがいを感じることが出来ます。

地方公務員になった場合は、健所のような衛生部局もしくは、大気汚染対策や騒音、土壌汚染といった、環境を取り扱う部局への配属が多いことでしょう。保健所では許可・監視などの行政仕事がメインです。

自治体に病院がある場合は、県立病院や市立病院への配属ということも考えられます。この場合の仕事は、いわゆる薬剤師としてなじみのあるものです。調剤をしたり、服薬指導といったもののため、民間の病院に勤務しているのと大差ないとイメージして問題ありません。

公務員薬剤師の給与は?

公務員の場合には、所定の福利厚生があるため、それらを合わせた金額がお給料となります。具体的には、地域手当、住居手当が挙げられます。

大卒の場合給与は20万円程度です。民間の場合だと、1.5倍程度もらえることも少なくありませんので、公務員はお給料が低いと考える人もいるかもしれません。しかし、公務員の魅力は昇給が確実に見込めることです。毎年上がりますし、ボーナスについても、必ず支給されるため、長期間で見ると公務員の方が高いお給料をもらえる可能性もあります。

公務員になって良かったこと

国立病院に勤務する場合には国家公務員となりますが、独立行政法人のため、公務員試験に合格する必要はありません。公務員試験に合格していなくても就職・転職が可能なのです。

公務員になることで安定した給与を得ることが出来ます。景気に左右されることがないので安心して働くことが出来るでしょう。

公務員となって失敗したかなと感じる

公務員となって公立病院以外の配属になってしまうと薬剤師としての仕事とは少し離れてしまいます。調剤がメインではなくなってしまうので、調剤がやりたいと思っている人からすれば仕事が自分の考えとマッチしないと感じることもあるでしょう。

公務員薬剤師になるためには

公務員になるためには、専用の試験があります。公務員は「国家公務員」と「地方公務員」の2種類に分けられています。国立病院や厚生労働省に勤務する場合は国家公務員になります。

公務員の試験は簡単なものではありませんからきちんと勉強をしなければなりません。また、薬剤師として公務員になる場合、自治体によって募集されている職種が異なっています。薬剤師として募集をするところもあれば、薬剤師、化学、衛生監視などと職種を分けて求人募集をしているところもあるので自分の地域がどのようになっているのかをしっかりと確認をしておきましょう。

薬剤師が転職しやすい公務員の職場は、県庁、市役所などの地方自治体や、保健所などがあります。この場合は公務員試験の「上級(I類)」に合格し、さらに採用試験に受からなければなりません。公務員の試験では高い点数をとれば合格出来るわけではありません。筆記試験対策に比べると、面接対策は軽く見られがちですが、面接ではその人となりをかなり見られます。どんなに筆記試験で高い点数をとっていても面接で失敗をして試験に落ちてしまうことも珍しいことではありません。むしろ、面接での印象が最後の合否を決定していると言っても過言ではありません。

面接でのアドバイスを受けるためにも薬剤師の転職サイトに登録をしましょう。公務員を目指しているのだから転職サイトにお世話になることはないと思うかも知れませんが、薬剤師転職サイトに登録をすればアドバイザーからいろいろなアドアバスがもらえますし、転職での面接に欠かせないことも教えてもらえます。面接に不安がある場合にはそれを相談することで、適切な助言がもらえるでしょう。

せっかく筆記試験でいい成績が残せたとしても面接で落とされてしまっては後悔してもしきれないでしょう。面接にはコツがあります。しっかりと対策をすれば十分に合格することができますからあまり不安になることはありません。薬剤師転職サイトに登録をして面接のコツをゲットしましょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2017 AllRights Reserved.