年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

働きやすさ抜群の中小薬局への薬剤師の転職はメリットがいっぱい!デメリットは?

更新日:

中小薬局への転職を希望する薬剤師は女性に多く見られます。大手チェーン薬局などで働く場合には全国への転勤がありますが、結婚をして家族がいる女性であれば転勤を軽々できるわけではありません。中小薬局や個人薬局であれば転勤をすることがないので女性の薬剤師は長く働いていくことができると考え、希望する人が多くいるのです。大手チェーン薬局にも働くうえでいろいろなメリットがありますが、もちろん中小薬局や個人薬局で働くことも大手に負けないほどいろいろなメリットがあるのです。後悔しないためにも、どのようなメリットやデメリットがあるのかをしっかりと認識してから求人探しや転職を行った方がいいでしょう。

中小薬局や個人薬局のメリットは働きやすさ満点

中小薬局や個人薬局は大企業ではありません。たいていの場合が地域に根差している薬局です。そのため、同じ県内や市内に店舗を構える場合はあっても県外に複数の店舗があることはほとんどありません。地域に根差しているので、転勤もなく安定して同じ地域で働くことができます。絶対に転勤をしたくないと思っているのであればこのような中小薬局で働くことは大いにメリットがあるでしょう。大手の薬局になると転勤があることが一般的ですが、中小薬局や個人薬局では転勤はありません。

中小薬局や個人薬局で勤務すれば残業はそれほどありません。もちろん閉店間際になってお客さんが多く押し寄せてきて調剤を依頼されれば、多少なりとも残業が出てきます。しかしそれ以外に残業をしてまで終わらせる必要がある業務はありません。本社から指示されて何か書類を提出するといった大手ならではの面倒な事務作業も比較的少ないため、残業は基本的にほとんどないと考えていいでしょう。

大手の薬局に勤務すると薬剤師は大勢います。しかし、中小薬局や個人薬局の場合、薬剤師の数はごく少数です。店舗によっては自分だけ、あるいは自分を含めて二人しかいないなどと言う場合もあります。薬剤師の数が少ないことによって任される責任は大きくなります。自分でいろいろ考えながら自由に業務をやっていける楽しさもあります。

大手の場合には多くのお客さんが来ることもあっていかに効率よく業務をこなしていくかということがポイントになってきますが、中小薬局や個人薬局では効率性は求められません。お客さん一人一人に向き合って、オンリーワンの接客をしていくことが求められるので、丁寧にお客さんと向き合いながら仕事をしていくことができます。

残念ながら大手薬局に負けてしまうマイナス点

大手薬局に勝る点はいくつもある中小薬局や個人薬局ですが、やはりデメリットもあります。

通常企業に入るときにはまずは研修制度があります。もちろん大手薬局では研修システムも整っています。しかし、中小薬局や個人薬局になると研修などはなく、仕事を見ながら覚えていくことになります。研修システムや社内での勉強会などが整っていないので、教育の面で大手に比べると劣ってしまう部分があるのです。

教育システムが整っていなくても、上司や先輩薬剤師に詳細な業務内容などを教えもらうことで、知識を得ていくことはできます。ただし教えてくれる先輩の能力の高さによって得る知識の高さも変わってきてしまうでしょう。

大手であれば研修システムや教育システムが整っているのでスキルアップのために知識を挙げていくことができます。認定薬剤師などの単位取得や講演会、薬剤師会に参加したい場合も企業内で案内があるでしょう。しかし、中小薬局や個人薬局の場合には、勉強していく体知識を挙げていきたいと思うのであれば自分から積極的に動かなければなりません。

また中小薬局や個人薬局は経営難になった場合、その後経営に大きく響いてきます。経営が難しくなった場合、大手薬局の傘下に入ったり、買収されてしまうこともあります。昨日までは中小薬局だったのに明日からは大手薬局になってしまったという事態に発展することもあるのです。そうなれば給与体系なども大幅に変わってしまうでしょう。

意外と高い!中小薬局の薬剤師の給与

中小薬局や個人薬局で働く場合、気になるのが給与ではないでしょうか?もちろん大手のように給与体系がシステム化されてどんどん出生をしていくようなことはありませんが、中小薬局や個人薬局では、勤務している薬剤師の数が圧倒的に少ないので給与面が優遇されています。場合によっては大手よりもかなり高い給与を得られる場合もあるのです。高い給与を出すことで、長く働いてほしいという経営者側の考えがあるのです。

転勤もなく、高い給与を得ることができ、働きやすい中小薬局や個人薬局を探したいのであれば、薬剤師転職サイトへの登録(エントリー)がおすすめです。いくつもの薬局の中から、自分の希望する条件面をクリアしたような薬局の求人を探し出すことができます。転職に失敗しないためにもまずは転職サイトへの登録から始めましょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2018 AllRights Reserved.