年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

調剤薬局で働きたい薬剤師の人へ!転職のメリット・デメリットを徹底検証!

更新日:

調剤薬局に薬剤師として転職を希望している人もいることでしょう。薬剤師として調剤薬局で働きたいと思うのであれば、調剤薬局のことをきちんと把握していきましょう。表面の良いところしか見えていないと、実際に転職後に後悔することになってしまいます。働き始めてからこんなはずではなかった、思い描いていた働き方ができないなどと後悔しないためにも、メリット、デメリットなどをしっかりと頭に入れておきましょう。

調剤薬局で働くことによるメリット

調剤薬局で働く場合、色々なメリットがあげられます。調剤薬局では、患者さんから依頼されて処方箋を元に調剤を行います。そのために調剤の知識を学んだり生かしたりすることができます。一人一人の患者さんに合わせて調剤を行って、その後はその薬に関して患者さんに対して薬の説明をしながらコミュニケーションをはかります。処方箋に基づいた調剤業務に従事するので調剤や処方箋薬の知識を極めていくことができます。調剤薬局の薬剤師は患者さんが飲み過ぎを防ぐために服用する薬を指導したり、正しい薬を処方されているかを見守ることで、服用の事故から防ぐ役目も担っていますので、かなり責任がある仕事と言えます。薬局の顔として働くこともできますので、大きなやりがいも感じられるでしょう。

次から次へと多くの患者さんが訪れるような調剤薬局では忙しくて休憩をとる暇もないのではないかと思われるでしょう。しかし、調剤薬局では無理なく働くことができるシステムがあるのです。調剤薬局で働く薬剤師の一日の処方箋受付・調剤の回数は決められています。これは過労によって調剤ミスが起こってしまうことを予防するために、上限数が決められているのです。そのため、無理なく働くことができますし、休憩もしっかりと摂ることはできるので、目が回るほど忙しすぎてストレスがたまるということもないでしょう。

調剤薬局で感じるデメリット

調剤薬局で働くことはメリットばかりではありません。デメリットもいくつかあります。調剤薬局は病院の近くにありますが、個人病院の近くにある調剤薬局もあれば、大きな総合病院の近くにある調剤薬局もあります。個人病院の場合には診療科が限定されているので、処方される薬の種類も限定されてしまいます。そのために、調剤を行う薬がかたよる傾向にあるので、調剤に関してスキルアップしていくことは難しい場合もあるでしょう。特定の診療科目に関する専門性を高めることはできますが、幅広い分野の処方箋の知識となると、難しいでしょう。ただし、診療科が多くある総合病院の近くの調剤薬局に勤務すれば、調剤の偏りもないので、スキルアップをしていくことは可能です。

調剤薬局では患者さんとの距離が非常に近いです。そのためコミュニケーションをとりながら業務を進めていく必要があります。コミュニケーションをとることが苦手な場合には、大きな負担に感じるでしょう。

調剤薬局は規模が小さく狭い職場です。患者さんとの距離感だけではなく、調剤薬局内で働いている人同士の距離感も近くなりがちです。そのため、人間関係がスムーズにいかなくなると居心地が悪くなってしまいますし、働きに草を感じるようになるでしょう。

最近は調剤報酬のマイナス改定が続いている状態です。規模の小さな調剤薬局では収益の減少が続いているところが多く出てきています。収益の悪化が続くとどうしても薬剤師の収入にも影響が出てくるでしょう。また年収ダウンはなくても収益が上がらない限り、年収のアップが見込めないのです。

管理薬剤師になるとメリットが多い

調剤薬局では管理薬剤師を店舗に一人は置くことが決まりとなっています。調剤薬局では勤務している薬剤師は3人程度で多くても5人程度です。その中で一人は管理薬剤師が必要になってきますので、この資格を取得しておけば年収のアップは見込めます。

人間関係が嫌になり転職の道へ

調剤薬局で働いている人の中には狭い中での人間関係が嫌になって転職を希望する人がいます。狭い空間ですから人間関係が一度崩れてしまうと、なかなか修正をすることは難しいのです。外からでは分からないが、中に入って働いているとややこしい人間関係に苦労させられ、ストレスがたまりせっかく転職をしたのに、また新たな転職先を探す羽目になってしまうかもしれません。

求人を探そうと思ってもなかなか内部のことまではわかりません。しかも自分ひとりで新たな転職先を探すことは大変さ作業を要します。薬剤師転職サイトへ登録を行えば、自分の希望に添った求人先を探すことができます。自分の労力を使うことなく希望する求人先に転職をしていくことができるのです。希望するところに就職をすることができれば長く働いていくことができますし、ストレスなく仕事を行うことも可能です。調剤薬局への転職を希望する人は薬剤師転職サイトへの登録をおすすめします。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2018 AllRights Reserved.