年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

転職前に知っておきたい!病院で働く薬剤師のメリットやデメリット

投稿日:

病院への転職を希望する場合、病院の規模や病院のタイプによってその働き方や業務内容は異なってきます。ここでは、中規模な病院から小規模の病院での転職について詳しく紹介していきます。

病院で薬剤師として働くことはメリットがいっぱい

病院で薬剤師と働く場合に感じることができるメリットについて紹介していきます。まずは病床数が150程度の中規模病院でのメリットをみていきましょう。中規模病院では薬剤師が6人程度勤務しています。そのうちの半数はパートなどの薬剤師ですから常勤となると2~3人です。外来患者さんに対してだけではなく入院患者さんに対しても服薬指導を行います。外来の患者さんや入院の患者さんに対して調剤を行う点では調剤薬局の業務と似通っている点はあります。しかし、病院では医師や看護師と連携をしながら治療を進めていくので、医療の現場で活躍していくことができます。例えばチーム医療を行って薬を患者さんに投与したときに、実際に患者さんを見守っていくことで薬の効果のほどを実感することができます。また薬の効果によって患者さんが回復に向かった場合には、患者さんやその家族から感謝をされることでしょう。直接患者さんに感謝の言葉を言われることもあるので、やりがいを感じられます。

医療現場で働くことができる病院の薬剤師は間近で最新の医療についてみたり学んだりすることができます。薬学の最新の知識も身につきます。病院での仕事内容は多岐にわたりますから大きな責任を感じられる仕事です。

病床数が60程度の小規模の病院は薬剤師は2人程度です。一人が常勤で後の一人がパートの場合もあります。小規模の病院では、100%分業制の外来調剤がない病院が多くありますから、外来への対応をしながら入院患者さんへの対応も行うのでかなり忙しくはありますが、患者さんと向き合いながら服薬指導などをしていくことができるので、魅力ある仕事となっています。

病院で働くことで感じるデメリット

病院で働く場合メリットばかりではありません。デメリットもあります。基本的に病院に勤務すると夜勤があります。また日直勤務もあります。女性の薬剤師で家庭を持っている人や子育て真っ最中の人は、夜勤があったり勤務時間が長いことを負担に感じてしまう可能性もあります。そのために、希望通りに病院勤務の薬剤師になれたが、「想像以上に忙しい」「思ったような仕事ができない」「ブラック企業のようだ」と感じてしまう人もいるようです。病院での勤務時間や勤務日数は長くなってしまうことをしっかりと頭に入れておきましょう。

勤務時間や勤務日数は長くなる傾向がありますが、調剤薬局などと比べると勤務時間の長さに比べて年収が低くなってしまいます。調剤薬局から病院への転職をした場合、年収が下がってしまうでしょう。

また医師や看護師などとコミュニケーションや連携を図りながら患者さんに向き合って治療を行っていきますから、コミュニケーション能力が問われます。徐々に身に着けていくことも可能ですが、コミュニケーションが苦手な場合には苦痛に感じることでしょう。

また一つのミスで患者さんに影響を与えてしまうこともありますから、大きな責任を背負う仕事です。責任の大きさに耐えられない場合には負担となるでしょう。

病院へ希望するのは新入多数

薬剤師として一歩を踏み出すには病院から始めたいと希望する人が多くいます。そのため、新卒の薬剤師の希望策として一番人気が高いのが病院への勤務です。大規模の病院はもちろんのこと空規模の病院や小規模の病院でも採用時には大部分を新卒から採用をします。そのために転職希望者が採用される割合はかなり低くなっています。

病院勤務の場合の年収比較

病院の勤務は調剤薬局と比べると年収が低くなってしまう傾向があります。初任給から調剤薬局の方が5万円程度は高くなっています。その後、経験を積むごとに年収は徐々に上がっていきます。病院勤務の場合には夜勤手当などが付きますが、全体的に見ても病院よりも調剤薬局勤務の方が年収は高めです。

ただし、年収だけではなく、病院で勤務することによって最新の医療に携わっていきたい、やりがいを感じたい、多くの知識を得てスキルアップしていきたいと思うのであれば年収以上のものを得ることができるでしょう。特に、将来的に認定薬剤師の資格を得たいと思うのであれば、特定の病棟における経験年数が条件として問われることもあるので、大いに病院勤務が役に立つでしょう。認定薬剤師となれば大幅な年収アップも望めます。

とはいえ、やはり働くなら働きやすさを重視して病院勤務の求人を選びたいものです。しかも病院勤務は狭き門です。倍率の高い中で勝ち残っていくためには、薬剤師転職サイトへの登録がおすすめです。登録をすることで一般には目にしないような病院の求人情報を得ることもできるのです。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2017 AllRights Reserved.