年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

ドラッグストアへの転職!薬剤師が感じるメリット・デメリット

更新日:

一昔前まではきつい仕事だと思われていたドラッグストアでの勤務ですが、最近は働きやすく改善されてきたと言います。ドラッグストアで働くことはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ドラッグストアで働くことで感じるのメリットとは

ドラッグストアを見てわかるようにお店には店員とともに店長がいます。まずは店員としてのスタートですが、経験を積んで行くことで店長を任せられるようになりますし、ステップアップをしていくことで店舗経営の一旦を任せてもらえるようになるのです。

ドラッグストアで働いているといろいろな業務を行うことができることが大きな魅力の一つでしょう。薬剤師としての専門業務以外にも、店舗運営、店舗経営に関わる幅広い業務に携わることができるので、社会人としても大きく成長をしていくことができます。

ドラッグストアでは地域に密着して営業を行っています。地域の人々の健康をサポートすることも仕事の一つですから社会に役立つ仕事と言えるでしょう。

ドラッグストアで店舗経営やお客さんとのコミュニケーション能力を学んでその経験や知識を生かして経営者として独立・開業を目指すことも可能です。

またドラッグストアは店舗数が多くあります。自分の希望をする店舗で働くことも可能です。さらに常勤だけではなく短時間労働やパート勤務などの働き方を選ぶことも可能です。結婚後はパート勤務がしたい、子育て中は短時間勤務で近くの店舗に努めたいということもできるのです。

ドラッグストアの年収は

ドラッグストアで働く最大のメリットは、比較的収入が多いという点です。一番人気が高い求人先である病院よりも収入が高いとされているのが調剤薬局です。調剤薬局で働く場合は平均年収が500万円ですが、ドラッグストアは550 ~ 600万円の平均年収となっていますから調剤薬局で働くよりも高い収入を得られます。しかも店長や管理薬剤師になると年収は700万円以上となります。中には1000万円を超える収入を得ている薬剤師もいるのです。お金だけがすべてではないとは言いますが、やはり一生懸命働いた結果多くの収入を得ることができれば、それ程うれしいことはありません。たくさんお金を稼ぎたい、収入面で楽をしたいと思っているのであれば、ドラッグストアに転職という選択肢は最適の転職といえるでしょう。

ドラッグストアで感じるデメリット

ドラッグストアで働く場合メリットばかりではありません。当然ながらデメリットもありますのでここで紹介していきます。デメリットは業務が多岐にわたることです。薬剤師の仕事とは思えないような肉体的な労働も多数あります。例えば、ドラッグストアにはいろいろな商品が並んでいますが、その商品の陳列も仕事の一つです。倉庫の整理や商品の品出し、レジ打ちもあります。薬剤師ですがドラッグストアで働く場合には、多くの肉体労働があるのです。

また薬の相談を受ければじっくりと薬の相談を受けることになります。お客さんはいろいろな薬の質問をしてきます。ご自分の症状の相談もあるでしょう。その質問に対して即座にこたえられなければ、お客さんから厳しい意見を言われることもあるでしょう。接客が苦手な場合にはかなり負担を感じる職場になってしまいます。

また小売としての側面が大きいため、お客さんに対する接客態度なども厳しく求められることもあります。来店時の声かけやテキパキとした商品案内など、いろいろなお客さんと接するのが苦手な人にとっては働きづらさを感じるかもしれません。

更に、ドラッグストアはたいてい年中無休です。朝は10時くらいから夜は9時から10時くらいまで開いています。シフトを組んで働くこととなりますが、土日だから休ませてほしいとはなかなか言えません。基本的に土日のどちらかは出勤することになるでしょう。また、朝番と遅番があったり勤務時間は一定していない不規則な労働時間となることを把握しておかなければなりません。

ドラッグストアで働きたいのであれば

ドラッグストアで働きたいのであれば、長く働くためにやはり働きやすさを重視して求人を選びましょう。ドラッグストアはいろいろとありますが、その中でもとっておきの求人を探すためには、自分ひとりだけの力ではなく他人の力を借りましょう。薬剤師転職サイトへの登録をすれば、コーディネーターがあなたの希望に合ったドラッグストアの求人を探し出してくれます。一般には出てこないようなとっておきの求人情報も転職サイトは持っているのです。ただ登録をすることで、あなたは何もする必要はありません。待っているだけで働きやすさなど、あなたが一番希望する求人を探し出してくれるのです。

求人に有利な情報お得な情報も持っているので有利な転職をしていくことができるでしょう。ドラッグストアに転職を希望しているのであればまずは薬剤師転職サイトへの登録をしましょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2017 AllRights Reserved.