年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

大手チェーン薬局への転職!薬剤師が転職するメリット・デメリット

更新日:

小規模や中規模の薬局で勤務していたがもっと自分のスキルを上げたい、ステップアップしていきたいと思って大手チェーン薬局への転職を希望している人もいることでしょう。薬剤師として後悔しない転職をするのであれば大手チェーン薬局の実情を把握しておきましょう。メリットもあればデメリットもあります。目をそらさずに現実を見極めてから転職を進めていきましょう。

大手チェーン薬局のメリットとは

まず大手ということで教育などのサポート体制がきちんとしていることがメリットとしてあげられます。しばらく薬剤師としての仕事にブランクがあって久しぶりに働き始めるという場合、ブランクがあればすぐにみんなと同じように働けるだろうかと不安な気持ちでいっぱいになるでしょう。しかし、大手チェーンは人材育成に力を入れています。ブランクがある人への研修のほかにも、最新の薬学に関する勉強会、医療に関する勉強会、スキルアップしていくための研修制度など、さまざまな教育体制が整っています。中には認定薬剤師取得支援制度がある所もありますから、薬剤師として働きながらステップアップをしていくことができるようになっているのです。

次に大手ということで給与面も安定しています。さらにベースがしっかりとしているので福利厚生も安定しています。大手チェーンは企業収益が安定しているので、給与だけでなくきちんと賞与もあります。福利厚生もしっかりとしているので、正体的な不安は感じられません。安定した生活をしていくことができます。特に薬剤師はほかの業種と比べて女性の割合が多くいますから、女性が働きやすいサポートが徹底されています。育休制度や育休時短制度など女性が長く働いていくことができるような体制が地と載っているところが多くあります。

中小規模の薬局では店舗自体や企業自体がコンパクトですから、出世もそれほど望めませんが、大手は役職があるので出生をしていくことが可能です。出世を目指して働くこともできるので、目指す目標があれば一生懸命働いていくことができるでしょう。

さらに大手チェーン薬局には薬剤師だけではなく多くの人が働いています。薬剤師だけの限られた世界ではないので、社会人としての基本的なスキルを身につける事ができるメリットもあります。

転職したばかりや新卒で入ったばかりではそれお程多くの給与を得ることはできませんが、出世をしていくことで昇給をしていくことは可能です。好きりアップしていくことで給与に反映されていくでしょう。

大手チェーン薬局のデメリットとは

大手チェーン薬局での働く上でのデメリットを紹介します。時間外や残業が多くなることがあげられます。特に多くのお客さんが来る店舗ではかなり忙しくなります。閉店間際になってもお客さんが多くいることもあるでしょう。そのため残業も多々あります。また、大手チェーンは定休日などがなく、たいていの場合年中無休で店舗営業を行っていますから、なかなか休みが希望する日に取れにくいというマイナスな面があります。

大手チェーン薬局は店舗が全国展開しているところも多くあります。そのため、異動・転勤があります。同じ店舗にずっと勤務していたいと思っても移動や転勤を言い渡されるとそれに従わなければなりません。せっかく職場に慣れたと思っても、すぐ日に移動になることもあるのです。どうしても転勤をしたくないと訴えても転勤や移動があることが最低条件となっていますので、転勤せずに一つの箇所に勤務することは難しいでしょう。

大手チェーン薬局だから転職をすると高い給与を得られると思っている人もいるでしょう。通常は大手の企業であれば給与は高いですが、薬剤師の場合はそうとは言い切れません。中小の薬局勤務から転職をして大手チェーン薬局で働き始めて給与が下がったという人はいるのです。ただし、役職が上がっていけば年収のアップも望めます。平社員の場合にはそれほど高い給与を得ることはできません。ただし、大手チェーンと言っても給料は会社によってかなり差があります

大手チェーン薬局に転職を希望するなら知っておきたいこと!

大手チェーン薬局で自分の力を試したい、スキルアップしていきたいと思うのであれば、薬剤師転職サイトへの登録を行いましょう。求人情報誌などに求人は出ていることもありますが、自分の希望する求人情報と異なる点はないかいちいちチェックしていくことは大変です。また、求人サイトに登録をしておけば、一般の人の目には触れることのないシークレットな求人情報も得ることができるのです。

将来的なビジョンがあり、自分の希望する働き方を思い描いているのであればその希望とする仕事が行うことができるような求人先を転職サイトに探してもらいましょう。転職活動をするにあたってサポートを受けることもできます。まずは薬剤師転職サイトに登録をすることから始めましょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2018 AllRights Reserved.