年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

中小薬局・個人薬局へ転職希望!薬剤師が転職するメリット・デメリット

投稿日:

大手と中小薬局ではどのような違いがあるのでしょうか?中小薬局・個人薬局へ薬剤師が転職するときのメリットやデメリットについて紹介していきます。

中小薬局・個人薬局で働くことのメリット

中小薬局・個人薬局は規模が小さいです。経営者が薬剤師として、その人自らが現場で働いているケースも多いので、社長と距離が近いです。そのためアットホームな雰囲気で仕事をしていくことができます。常勤で務めることもできますが、家庭の事情を考慮してもらうこともできるので、短時間での勤務をすることもできます。更に残業もほとんどありません。大手薬局チェーンの場合、お客さんが帰った後の閉店作業だけでもかなりのボリュームがあります。つまりは、閉店時間イコール業務終了時間ではないということを覚えておきましょう。例えば、提出しなければならない書類の作成などが残っていますので、残業を余儀なくさせられます。しかし、中小薬局や個人薬局では、前もって進められる仕事も多いですし、書類関連も大手程多いということもありません。勤務時間内にすませることも十分に可能です。店舗が閉まる時間からすぐに帰宅することができますから、プライベートな時間も充実させることができるのです。

中小薬局や個人薬局では、チェーン展開していたとしても、県内、市内レベルです。そのなかでの転勤はあるかもしれませんが、引越しを余儀なくされるケースはほとんどありません。また、実際のところほとんど異動はなく継続して同じ店舗での勤務になることも方が多いです。

中小薬局や個人薬局では薬剤師の数が少ないですが、それによって、一人に任される勤務の内容が多く、やりがいを感じながら仕事をしていくことができるでしょう。社長との距離が近いことで、長く勤務していると多くの重要なことを任せてもらえる場合もあります。経営の一端を担う業務を行うことも出てきます。中には社長に経営権を引き継いでほしいと言われた人もいます。また個人薬局や中小薬局での業務を経験して自分が独立する際への参考にすることもできます。

中小薬局・個人薬局で働くことのデメリット

中小薬局・個人薬局のデメリットは、薬剤師の頭数が圧倒的に少ないので替えが効かないということがあげられます。例えば、インフルエンザなど感染する病気などにかかってしまったとします。仕事に出ることができない場合、大手の薬局であれば「数日間休ませてほしい」と言えば、替えの人材を多店舗から補充してくることは可能です。しかし、薬剤師が少ない中小薬局・個人薬局では、替えの薬剤師を準備して補充することも難しいのです。自分に大きな責任があるぶん、代替えはきかないのです。

大手では最新の医療や薬学を学ぶために勉強会や研修会を定期的に開いていますが、中小薬局・個人薬局ではそのようなシステムは整っていません。勉強がしたいと思った場合には、自分で研修や勉強会を探さなければ最新の薬学について学んでいくことは難しい状況があります。ただし、中には勉強をさせてあげようという経営者もいますから、勉強会への積極的な参加を促してくれるところもあるようです。

このように教育システムが完成していないということから、中小の薬局を避けるという方もいらっしゃいます。新卒の方や、まだ経験が浅くて、大手でキャリアアップを図りたいという方には少々イメージと違ってしまうかもしれません。

年収は案外高い中小薬局や個人薬局

個人薬局や中小薬局は規模が小さいから収入も低いと思われがちですが、実は大手よりも高い給与を得られる場合もあるのです。中小や個人の薬局の場合には一人の薬剤師が背負う責任が大きくなっています。「任せてもらえる」「やりがいが感じられる」というメリットは言葉を変えると「責任が重い」とも言え、デメリットに感じてしまう方もいらっしゃるようです。ただ、責任が重くなることで、それに見合って収入も高くなっているのも事実です。責任が高いことも受け入れられるという方、収入もある程度欲しいと思う方であれば大手の薬局を狙わずに、中小薬局や個人薬局への転職を希望した方がいいでしょう。

中小薬局や個人薬局に転職を希望するのであれば

中小薬局や個人薬局への転職を希望するなら薬剤師転職サイトへの登録をおすすめします。大手ならともかく中小薬局や個人薬局なら自分で求人を探すことができると思うかもしれません。実際に求人誌や新聞の求人チラシに入っていることもあります。しかし、より条件がよい求人を探したいと思っているのであれば薬剤師転職サイトを活用しましょう。特にあなたが認定薬剤師への道を画策しているのであれば、転職先の薬局が認定薬剤師の資格取得に対して単位取得や講演会に参加したい場合どのような対応をとってくれるのかを事前に把握することができます。

自分の力では調べきれないことでも、薬剤師の転職に特化した薬剤師転職サイトであればいろいろな情報を持ち得ているのです。後悔しない転職をするためにも薬剤師転職サイトへの登録をおすすめします。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2018 AllRights Reserved.