年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

薬剤師の転職!調剤薬局のメリットデメリットは?

投稿日:

調剤薬局へ転職することは魅力がいっぱいあふれています。特に収入の高さは目を見張ります。しかしメリットばかりではなくデメリットもありますから、後悔しないためにもきちんと現状を把握しておきましょう。ここでは大きな調剤薬局と中小規模の調剤薬局を比較しながら紹介していきます。

調剤薬局で働くことで得られる魅力的なメリット

大規模な調剤薬局では•研修・教育制度や長期のキャリアプランがきちんと用意されています。しかも調剤用の最新の機器も準備されていますので、業務上にロスもなくすいすいと仕事を進めていくことができます。大きい会社なので、経営面で安心できるので、収入面などの不安を感じることなく長く働いていくことができます。

中小規模の調剤薬局の場合には、店舗数が限られますので、異動がほとんどなく、ずっと同じ職場に居られる安心感があります。一人への裁量権の大きいので、やりがいや責任感を感じながら仕事をしていくことができます。

中小規模も大規模も両方いえることは調剤薬局の求人数はとにかく多いです。最近は調剤薬局に店舗が増えてきたと感じますが、店舗が増えてきたのに伴い求人数も多いので転職のしやすさがあります。求人数が多いということは、それだけ選択肢が豊富ということにもつながります。とりあえず調剤薬局ならどこでもいいということではなく、しっかりと店舗を見極めてから求人に応募することができるので転職後の後悔が少ないでしょう。

やりがいはある上に給与が高いことも大きなメリットとして挙げられます。薬剤師となったからには調剤などをしていきたいと思うでしょうが、ドラッグストアに勤務して調剤薬局が併設していなければ薬の販売などばかりになって、薬剤師としてのスキルが廃れていってしまいます。しかし、調剤薬局であれば、いかにも薬剤師といった仕事をしていくことができます。自分が思うような仕事ができてしかも年収も平均が600万円以上となっていますから、満足いく働き方ができるでしょう。しかも調剤薬局を取り仕切るようになると1000万円以上の収入が得られます。

さらに家庭と仕事のバランスがとりやすいことも魅力的なことでしょう。給与も良く休日はきちんととれ、仕事のやりがいもあるので、女性にも高い人気の職場となっています。結婚・出産などを理由に一旦職を離れても再び戻ってきやすい職場でもあります。

調剤薬局のデメリット

調剤薬局でのデメリットを見ていきましょう。調剤薬局はドラッグストアや病院に較べて忙しくない、と言われることが多いですが、それは店舗によって全く異なります。1日当たりの処方箋がかなり数が多いところであれば常時忙しいですし、処方箋の数が少ないところであればのんびりと仕事をしていくことができます。

調剤薬局は店舗によっては一人しか薬剤師がいないところもあります。そのようなところでは簡単に休むことができません。たとえ少しくらい体の具合が悪くても出社しなければ、店舗開けて運営をすることができなくなってしまいます。一人の背負っている責任が重いので、簡単にヘルプ要因を補充することができないのです。

また近隣に診療科が多い病院があると、扱う薬の数が非常に多岐にわたります。特に大手の調剤薬局などは総合病院など大規模な病院近くに出店しています。このような場所の調剤薬局に勤務することになれば、多くの種類の薬を処方しなければならないので、色々な種類の薬について知識を得て把握しておく必要があります。医療は日々進化していますので、薬もどんどん新しくなります。診療科が多くなるとそれだけ薬のことについて勉強をする範囲も広くなるので大変です。調剤の勉強は業務時間外に行うことが普通ですから、たとえ残業がなく早く帰宅できたとしてもプライベートな時間は調剤についての勉強をすることによって大部分がつぶれてしまうこともあるのです。勉強量が多すぎて調剤薬局の薬剤師の仕事は無理だと判断して仕事をやめていく人もいるほどです。

調剤薬局に転職を希望するなら知っておきたいこと!

調剤薬局の求人はたくさんありますが、ゆったりと働きたいと思うのであれば中小規模の調剤薬局がいいでしょう。また、バリバリと仕事をこなしていきたいと思うのであれば大規模な調剤薬局がいいでしょう。

希望する調剤薬局に転職をしたいのであれば、まずは薬剤師転職サイトへの登録を行いましょう。無料で登録ができますし、色々な求人情報を診ることができます。一般の目に触れないような、とっておきの求人情報も抱えています。さらに希望を告げることで求人サイトのコーディネーターが転職先をピックアップしてくれますから大変有意義に時間を使って転職先を見つけることができるでしょう。転職活動をするにあたってサポートを受けることも可能です。後悔しない転職をしていきたいと思うのであれば、まずは薬剤師転職サイトへの登録から始めましょう。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2017 AllRights Reserved.