年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

病院への転職!薬剤師が大規模病院へ転職するメリット・デメリットとは

更新日:

病院にはいろいろな規模のものがありますがその中でも人気の求人先と言えば大規模な病院です。人気が高いからメリットばかりとは言い切れません。デメリットもしっかりと頭に入れて転職時の参考にしましょう。

大規模病院で働くことのメリットとは

大規模病院と言えば大学病院、国公立病院、その他の公的な病院である済生会、日本赤十字、国家公務員共済組合連合会などがあります。どの病院も病床数が300程度とかなり多く診療科も幅広くもっている病院です。

大規模病院で働くことのメリットは医師や看護師と連携して病棟業務にあたれることでしょう。患者さんの病状を理解しながら医師と連携をしながら服薬を指導していきます。直接患者さんと向き合って指導をしていきます。一人一人の患者さんに深く医療人として関わっていくことができるのでほこりを感じられるでしょう。さらに大規模病院では医療の質を高めるために研修制度が構築されています。病院での研修だけではなく、製薬会社による勉強会もあり薬学だけではなく医療についても学ぶことができます。さらに大学病院では、医薬品開発の臨床試験を現場で見ながら勉強することができます。最新の医療を学ぶことができますので、薬学のスキルアップをしていくことが可能なのです。

大規模病院で働く場合、気になるのが年収ですがそれお程高くなく、初任給での年収は300万円程度です。しかし、大規模病院の中でも国公立病院薬剤師となれば給与はかなり高くなります。国公立の病院勤務の場合には公務員となります。そのために狭き門である公務員試験を受けることになります。公務員となって晴れて国公立病院の薬剤師となることができれば、民間の病院よりもはるかに高い年収を得ることができるのです。

大学病院は高い人気

病院の薬剤師の採用は本当に数が少ないです。しかも新卒者を多く雇う傾向にあるので転職での求人が出回ることはかなり少なくなってしまいます。しかしその少ない求人を巡って多くの転職希望者が殺到するので競争倍率が計り知れないほど高くなってしまうのです。

大学病院で働くことに人気が集まる理由の一つに薬学・医学に関するさまざまなスキルを磨くことができる点があります。病院によってはがんに力を入れているところ、特定の疾病に力を入れているところなどがあり、その分野での専門性を高めることができるのです。専門性を高めた後は、身についた能力を使ってさらに上にステップアップしていくことも可能です。ステップアップしていくことができればそれに伴って年収も上がっていくでしょう。

大規模病院で働くことでのデメリット

大規模病院は人気が高い求人先ですが、働き始めて感じるデメリットもあります。年収が低いわりに勤務時間が長かったり夜勤があったりします。入院患者さんがいますから土日であっても毎週休みがとれることはありません。勤務時間が長く夜勤もあり、土日に休みが取れないことで負担を感じることもあるでしょう。労働条件は調剤薬局などと比べるとかなり厳しくなってしまいますから、病院勤務を選ぶ場合には、働く時間が長くなることを覚悟しておく必要があります。

系列病院があったとしてもその系列病院に転勤をさせられることはなく、就職をしたらずっとその病院に勤務することとなります。1か所でずっと長く勤務していくので、人間関係が難しくなると働きにくさを感じるでしょう。

さらに、人気が高いのに求人数が少ないです。病院は多くの場合新卒採用が中心ですから、転職希望者を採用してもらうにはスキルや経験の高さをアピールする必要がありますので、非常に狭き門となっています。

また病院によっては転職希望者に対して1年間の研修制度を設けており、その研修に参加することで優先的に採用をするというところもあります。しかし研修に参加する場合には、1年間無収入となってしまいますから経済的な負担を感じることとなるでしょう。

どうしても病院勤務を希望するのであれば

デメリットがあってもメリットの方がかなり勝りますし、どうしても病院勤務をしたいというのであれば自分一人の力で探すことは限界があるでしょう。特に今の仕事をつづけながら希望に合う転職先を探すことは相当大変なことです。

大規模病院は小規模や中規模病院よりも薬剤師の数が多いです。その中には途中で辞めていく人もいますからその穴をねらうのです。求人によっては表に出されないこともあります。表に出ない場合には、一人の力で探していても情報が耳に入らないのでどうすることもできません。

薬剤師転職サイトへの登録を行いましょう。転職サイトでは通常目に触れないような求人情報を得ることができますし、自分に合った希望の求人先を探すことも簡単です。まずは薬剤師転職サイトに登録をすることから始めましょう。登録をすることで損をすることはありません。安心して登録をしてください。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2017 AllRights Reserved.