年収アップのための薬剤師転職成功マニュアル!

薬剤師転職ガイド

薬剤師転職のメリットとデメリット

薬剤師がドラッグストアへの転職!メリットやデメリットは

更新日:

ちょっと周りを見回せばドラッグストアが目に付くように、あなたが居住している知己にも多くのドラッグストアがあるでしょう。ここで薬剤師と勤務する場合、多くの収入を得られると言いますが果たして本当でしょうか?収入が多いということは裏を返せば何かきつい仕事があるのでしょうか?

ドラッグストアで働くことで感じるメリット

ドラッグストアで働く場合、病院や調剤薬局で働く以上に多くの収入を得ることができます。収入の多さはドラッグストアで働く場合の一番のメリットと言ってもいいでしょう。風邪薬などの大衆薬以外にも、化粧品・サプリメント・日用品や食料品を販売しているのがドラッグストアですが、そこで店長にまで上り詰めると収入がかなり高くなります。ドラッグストアに勤務する薬剤師の平均収入が600万円です。店長クラスになるとだいたい年収は700万円から800万円だと言われています。パートとしてドラッグストアに勤務した場合にも、薬剤師は自給2000円以上を得ることができますから、常勤でも短時間勤務でもどちらも高い収入を得ることができるのです。また初任給でもドラッグストアが一番高くなっています。給与の高さ順にみていくとドラッグストアが一番高く次いで調剤薬局、病院、製薬企業となっています。ドラッグストアの年収は、調剤薬局に比べて「薬剤師手当」が月5〜10万円程度支給されるため、割高となっているのです。

ドラッグストアは日用品の販売や薬の販売ばかりが業務ではありません。そればかりですと薬剤師としてのキャリアがもったいないですが、最近は調剤薬局を抱えているドラッグストアも多くあります。調剤も行うことができれば薬剤師としてのキャリアもすたることなく使えますし、調剤薬局が併設されていれば、「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」の業務も行えるので、薬剤師として幅広い業務を行っていくことができるのです。

調剤業務があるのは調剤薬局も同じですが、調剤薬局の場合には処方された薬の調剤だけで調剤が業務の中心です。それほどコミュニケーション能力を問われません。しかし、ドラッグストアの場合には調剤以外にも薬を買いに来たお客さんとのコミュニケーションが必要になってきます。薬を買いに来たついでに健康相談をする人もいますから、地域に住む人々の健康のためにサポートをすることができますし、人々の健康増進のために尽力をすることができるのでやりがいを感じることができるでしょう。

ドラッグストアは休みが取れる

ドラッグストアは年中無休だから忙しくて目が回るようだと思っていませんか?併設している調剤薬局は基本的に日曜日はお休みですし、ドラッグストア自体は開いていても日曜日は薬剤師を休みにしているドラッグストアも多くいます。そのため、案外きちんと休みをとることはできるのです。

またパートや短時間労働者も多く求人で募集しています。家庭を最優先に考えて仕事をしたい薬剤師の人などは短時間勤務をすることで家庭を犠牲にすることなく働くことができます。

ドラッグストアで感じるデメリット

ドラッグストアではデメリットもあります。勤務時間が遅くなりがちですし、残業が多いことがデメリットの一つに挙げられます。ドラッグストアは夜9時や10時くらいまで空いているところが多くを占めます。そのために薬剤師も遅い時間までの勤務となります。もちろん遅番や早番がありシフト制になってはいますが、遅番となるとお店が閉まってからになるので帰る時間が遅くなってしまうのです。

しかも残業がある日もありますのでお店の閉店時間に合わせて帰宅することも難しい時があります。遅番になるとかなり帰宅時間は遅くなってしまうことを念頭に置いておきましょう。

ドラッグストアへ転職を希望するならやっておきたいこと!

ドラッグストアに転職をする場合求人数も多いのでなんなく見つけることができるでしょう。しかし転職をするのであればより条件がよく、働きやすい職場に転職をしたいと思うものです。

後悔しない転職をするためには良い就職先を見つける目を持つことが必要です。しかし、仕事をしながら求人一つ一つに目を通すことは大変な時間も手間もかかってしまいます。調剤薬局がある場合には、取り扱う処方せんの種類や1日の処理枚数についても把握しておくことが大事です。スキルの有無によっては勤務しても力を発揮できなくなってしまいますし、勤務する前に勉強をしておくためにも調剤薬局について情報を得ておくことが必要です。

薬剤師転職サイトへの登録をしましょう。薬剤師転職サイトへの登録をすることで、希望に合ったドラッグストアを探してもらうことができますし、ドラッグストアのいろいろな情報を得ることもできます。こちらは希望の条件を伝えるだけでいいので、労力はかかりません。登録費用も掛からないので、まずは気軽に登録をしてみてはいかがでしょうか。

薬剤師求人サイト利用率No.1は? - 最新ランキング

大手信頼できる有名薬剤師転職サイトを比較ランキングです。各サイトの特徴もまとめました。

ファルマスタッフ

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

リクナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

マイナビ薬剤師

  • 特徴1が入ります、特徴1が入ります
  • 特徴2が入ります、特徴2が入ります
  • 特徴3が入ります、特徴3が入ります

キャッチコピーが入ります。キャッチコピーが入ります。

説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。説明文章が入ります。

公開求人数 対応エリア 常勤 非常勤 派遣
41,786 全国

-薬剤師転職のメリットとデメリット

Copyright© 薬剤師転職ガイド , 2018 AllRights Reserved.